• 印刷する

テイクオフ:新型コロナの第2波のピ…

新型コロナの第2波のピークが過ぎたインドで、自動車販売が回復している。好調だった2018年には及ばないものの、大手メーカーの7月の乗用車販売は昨年を大幅に上回った。

高級車のセグメントでは電気自動車(EV)の投入が目立つ。アウディ、ジャガー・ランドローバー、メルセデス・ベンツなどがこの1年間にEVを発売した。

市場が一歩一歩、平常に戻りつつある中、業界の華であるイベントの開催はまだ先のようだ。自動車工業会が、来年2月の見本市を新型コロナを理由に延期すると発表した。2年に一度開かれる当地最大の見本市は、前回は20年2月に開催された。当時のインドは累計感染者が数人ほど。その後に感染拡大と都市封鎖が始まるとは誰も思っていなかった。巨大な会場がぴかぴかの車と人で埋め尽くされる風景を再び見られるのは、いったいいつになるだろうか。(成)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

アカツキ、日本のアニメ・キャラをインドへ(18:47)

テイクオフ:当地へ移り住むと決まっ…(09/22)

国内生産の奨励策の調整を 日本企業には基準厳しく(09/22)

ダイキアクシス、北部に浄化槽工場(09/22)

日立造船、マハ州初のごみ焼却発電所を受注(09/22)

ヤマハ、スポーツバイクの新モデルを発売(09/22)

地場電動二輪、半年で15億ルピー投資へ(09/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン