ジョ州、「経済の最前線」向け接種を開始

マレーシアのジョホール州は29日、州独自のプログラムで、経済の最前線で働く人への新型コロナウイルスワクチン接種を開始した。長期滞在資格を保有する外国人なども対象となる。 国営ベルナマ通信によると、州独自の「イミュプラン」は4月29日から登録を受け付けてきた。製造業…

関連国・地域: マレーシアシンガポール
関連業種: 医療・医薬品その他製造小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

中国のTPP加入申請、東南ア経済に寄与も(16:53)

国内観光業復活の試金石に ランカウイでトラベルバブル開始(09/17)

新規感染1.88万人、累計205万人(09/17)

家電の生産奨励策、日本企業含む52社が申請(09/17)

車載半導体不足は10月に改善、業界団体(09/17)

第2期の民間企業、接種率に応じて操業可に(09/17)

RM1=26.3円、$1=RM4.16(15日)(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン