サムスン営業益54%増、半導体とスマホ好調

韓国のサムスン電子が29日発表した2021年4~6月期の連結営業利益は、前年同期比54.3%増の12兆5,667億ウォン(約1兆2,000億円)だった。新型コロナウイルスの影響で在宅勤務やオンライン教育が広がり、主力の半導体やスマートフォン部門が大幅に伸びた。7~9月以降も持続的な…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 電機IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

コロナ新規感染者、2008人増(16:09)

ワクチン1回目42.8万人増、接種率69.0%(16:09)

【ウィズコロナ】「数学学習はAIにお任せ」 韓国エドテック熱く(下)(09/17)

コロナ新規感染者、1943人増(09/17)

ワクチン1回目37.4万人増、接種率68.1%(09/17)

SKイノ、電池と資源開発事業の分社化承認(09/17)

8月の自動車産業、輸出と生産がプラス成長(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン