7月消費者心理指数、7カ月ぶり下落

韓国銀行(中央銀行)が28日発表した2021年7月の消費者動向調査によると、景気に対する消費者心理を総合的に示す消費者心理指数(03~20年平均値=100)は103.2と、前月比7.1ポイント下落した。新型コロナウイルス感染症の再流行により景気の鈍化懸念が強まって、7カ月ぶりのマイ…

関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

コロナ新規感染者、1720人増(10:59)

ワクチン1回目6525人増、接種率71.2%(11:04)

技術革新指数、韓国がアジア太平洋1位に(09/22)

JKN、通信インタッチの通販合弁を買収(09/22)

経済再開遅れで投資戻らぬ恐れ、米欧韓4団体(09/21)

RCEPに大統領署名、上院承認へ(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン