• 印刷する

テイクオフ:散歩中によく立ち寄るパ…

散歩中によく立ち寄るパン屋がある。おしゃべり好きの店主はベトナム出身で、フランス統治の歴史があるベトナムのパンだからおいしいのだと自慢げに言う。

税金対策だろう。現金しか受け付けない。うっかり携帯だけ持っていき、引き返すことも度々で、今ではそのパン屋のためだけに現金を用意している状態だ。お金に気を取られマスクを忘れたこともあるが、店主は「いいよ」と言って入れてくれる。

ある日、店主にどこに住んでいるのか聞いたところ、答えた地域は意外に遠い。しかしふと気付くとそこは感染拡大の中心地域。食品関係など以外は域外勤務も禁止。思わず懸念が顔に出たのか、店主は「寝に帰るだけだから心配ない」と事も無げに言う。オージー流のノーウォーリーズをここで使うのは気が引ける。おいしいパンはしばらく我慢せざるを得ない。(尋助)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

豪がXマス前に渡航再開か、日本も往来調整(19:33)

【有為転変】第167回 原子力潜水艦を導入せよ(その1)(19:33)

テイクオフ:ロックダウンで家人が図…(09/23)

メルボ北東部でM5.9の地震 過去最大の揺れ、建物に被害(09/23)

〔オセアニアン事件簿〕メルボの接種反対派、連日デモで逮捕者も(09/23)

NSW、接種証明とQRコード統合試験へ(09/23)

JAL、来年1月までのシドニー運航計画発表(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン