• 印刷する

6月の輸出額33%増、今年2番目の伸び

香港政府統計処は26日、香港の輸出額が6月は前年同月比33.0%増の4,066億700万HKドル(約5兆7,700億円)だったと発表した。伸び率は前月を9.0ポイント上回り、1月(44.0%増)に次ぐ今年2番目の大きな伸びとなった。プラス成長は8カ月連続、2桁増は7カ月連続と、輸出の好調が続いている。

6月は主要仕向け先への輸出が軒並み増加。最大の輸出相手である中国本土向けは36.6%増の2,475億4,600万HKドルと好調が続き、2位の米国向けも19.2%増の260億3,100万HKドルと大きく伸びた。

3位の台湾向けは46.1%増の119億4,600万HKドル。4位の日本向けは前月まで3カ月続けてマイナスだったが、6月は22.9%増の105億9,600万HKドルと大幅なプラスに転じた。5位のインド向けは23.4%増の77億4,400万HKドルだった。

輸入額も2桁増が続き、6月は31.9%増の4,470億6,200万HKドルだった。最大の出荷元である本土からが32.0%増の2,099億200万HKドルと高い伸びを維持している。

2位の台湾からは41.8%増の453億2,200万HKドル、3位のシンガポールからは55.1%増の351億1,200万HKドル、4位の韓国からは59.3%増の274億100万HKドルとなった。

日本からは19.1%増の226億500万HKドルで、国・地域別の5位だった。6位の米国からは42.7%増の176億5,000万HKドル。

6月の貿易収支は404億5,500万HKドルの赤字だった。

1~6月累計の輸出額は前年同期比30.0%増の2兆2,914億8,700万HKドル、輸入額は26.8%増の2兆4,571億2,000万HKドルだった。貿易収支は1,656億3,300万HKドルの赤字。

政府報道官は「今後も短期的には、外的環境の改善が引き続き香港の輸出を支えるだろう」と予想。その上で、新型コロナウイルス変異株の世界的な感染拡大と米中関係の行方などを引き続き注視していく必要があると指摘した。


関連国・地域: 香港
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:甘党にとって中秋節はう…(09/23)

住宅問題、業界に圧力じわり 政策の焦点に、中央が介入説も(09/23)

企業・個人への融資支援、6カ月延長(09/23)

香港社など3者、洋上データセンター建設へ(09/23)

反発、ハンセン指数は0.5%高=香港株式(09/23)

工銀アジア、ブロックチェーンで信用状取引(09/23)

2日で2人感染、域内ゼロ=計1万2167人(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン