• 印刷する

テイクオフ:日本で暮らしていたころ…

日本で暮らしていたころは、セミの鳴き声が聞こえると「夏が来た!」という感じだった。ちなみに九州出身であるため、「ミーンミーン」と鳴くミンミンゼミよりも「シャンシャンシャン」とうるさいクマゼミのほうが耳になじみがある。

常夏の当地ではそのような季節感を感じることは少ないし、そもそもセミの鳴き声を聞く機会も少ない。定期的に殺虫剤をそこいらじゅうで散布しているからではないかと推測している。ただ自然公園などに行けば、時折セミの鳴き声を聞くこともあり、その際は「ああ、夏なのだな」と反射的に思うので不思議だ。

ここ最近は雨が少なく、特に高温な気候が続いている。知り合いのシンガポール人は、当地には「ホット、ホッター、ホッテスト」の3つの季節があると笑っていた。今は最も暑い「ホッテスト」な夏が到来しているのかもしれない。(薩)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

武田薬品工業、CO2排出量ゼロのビル設置(19:18)

コアインフレ率1.1%、2年ぶり高水準に(17:39)

通信シングテル、インド同業の増資引き受け(17:39)

食品廃棄物回収の新方式、公営住宅で試験(19:10)

病院への外部立ち入り、24日から原則禁止(17:39)

新規感染1457人、過去最高を更新(22日)(17:39)

テイクオフ:新居に越してきてから約…(09/23)

【アジア・ユニークビジネス列伝】「見えない商品、自販機で」「犬型ロボ、現場のお供に」(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン