国軍が新たな国連大使を任命、承認求める

ミャンマー国軍の統制下にある外務省はこのほど、新たな国連大使を任命した。クーデターを批判したチョー・モー・トゥン氏との交代を認めるよう、国連に求めている。独立系メディアのミッジマが22日、AP通信の報道を引用して伝えた。 国軍が外相に任命したワナ・マウン・ルウィ…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

ワクチン接種推進が次の焦点 軍が躍起、2回目ようやく9%に(09/24)

テイクオフ:2009年に8年暮らし…(09/24)

新規感染者、5日連続で2千人下回る(09/24)

アラカン軍にワクチン4万回分を提供へ(09/24)

総司令官「10年でASEAN先進国に」(09/24)

武装勢力の活動が活発化、戦闘宣言以降(09/24)

北西部のネット遮断、治安上の懸念高まる(09/24)

GTB強盗事件、関与の活動家3人が逮捕(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン