サムスンの流動性資産最大、投資は鈍化傾向

サムスン電子の保有する現預金などの流動性資産が、初めて209兆ウォン(約20兆円)を超えたことが22日までに分かった。ただ半導体など主力事業への投資は鈍化傾向にあり、今後の成長を不安視する声が高まっている。毎日経済新聞などが伝えた。 同社の2021年1~3月期の流動性資…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 金融IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

コロナ新規感染者、1720人増(10:59)

ワクチン1回目6525人増、接種率71.2%(11:04)

技術革新指数、韓国がアジア太平洋1位に(09/22)

JKN、通信インタッチの通販合弁を買収(09/22)

経済再開遅れで投資戻らぬ恐れ、米欧韓4団体(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン