• 印刷する

テイクオフ:東京五輪の開幕を目前に…

東京五輪の開幕を目前にした先週、インド政府が自国の応援歌を公開した。映画音楽で知られるARラフマーンが作曲したR&B調の楽曲を、ポップシンガーのアニャーニャ・ビルラが歌う。

公式ビデオは、競技の過去のハイライトシーンとテレビ観戦に熱中するインド人の姿を交互に映し出す構成で、まもなく始まる大会で選手たちがどんな技を見せてくれるのかと期待が高まる。ミュージシャンが和太鼓を演奏するシーンがときどき挟み込まれ、日本開催をふまえた内容にもなっている。

政府発表によると、今回の五輪には過去最多となる126人のインド人選手が参加する。史上最多の582人から成る日本の選手団に比べると規模は小さいが、レスリングやバドミントン、射撃などに強い選手がいる。当地で働く外国人としては、クリケットとダンス以外のインドを見られるというだけでも期待が高まる。(成)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

中国の経済成長率8.1%に下方修正、IMF(14:48)

レンズ豆輸入関税、30%から10%に引き下げ(14:26)

テイクオフ:初めて移り住んだデリー…(07/28)

今年もモンスーン被害 雨量は増加傾向、温暖化影響か(07/28)

現代自、グルガオンの新本社ビルが完成(07/28)

政府、テスラの工場誘致に前のめり(07/28)

タタ自の4~6月期決算、赤字額が半減(07/28)

タタ、販売台数全体のEV占有率3%に拡大(07/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン