プノンペンSEZ、建設合弁を完全子会社化

カンボジアの経済特区(SEZ)運営大手プノンペン経済特区社(PPSP)は19日、建設関連業務を手掛ける合弁会社サハスE&Sの全株を取得し、完全子会社化したと発表した。プノンペン・ポスト(電子版)が20日に伝えた。 PPSPは、合弁先の現地企業LCHインベストメント…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 金融建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

感染7.4万人に、首都は数公表せず(07/28)

入国者の隔離ホテル選択制度、2カ所で始動(07/28)

日本が3.6億円を無償供与、人材育成を支援(07/28)

ネット利用拡大、SIM登録など増加(07/28)

一部事業と集会の禁止、首都で2週間延長(07/27)

マンゴー輸出ほぼ倍増、中国向けが主流(07/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン