• 印刷する

スズキ、北部の工場移転に1800億ルピー計画

インドの自動車最大手マルチ・スズキは、北部ハリヤナ州グルガオンの工場移転に約1,800億ルピー(約2,633億円)を投じる計画だ。グルガオンは交通渋滞が深刻なため、州内の別の場所への移転を以前から模索してきた。同社幹部の話としてPTI通信が伝えた。

バルガバ会長が1,800億ルピーの投資を明らかにした。工場の生産能力は年間75万~100万台を予定。ただ、場所や着工時期などの詳細は非開示とした。

ハリヤナ州政府は昨年から今年にかけて、企業に対して従業員の75%を州内の住民にするよう求める新規則を制定した。雇用への規制は企業活動に影響を及ぼす恐れがあるとして、産業界は反対している。バルガバ氏は「当社は州政府と話し合っているが、問題は解決していない」と述べ、州政府の方針を注視していく姿勢を示した。


関連国・地域: インド日本
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新たな変異株「オミクロ…(12/08)

王子HD、板紙の新ライン稼働 年産能力2.5倍に、東南ア・印向け(12/08)

電動車普及は数年で加速 二輪車けん引、価格低下で(12/08)

【月次リポート】自動車ニュース(21年11月) 40年のZEV化、日本は参加せず(12/08)

富士フイルム、動物病院に医療機器提供(12/08)

芝浦機械と日精ASB、射出成形機で協業(12/08)

Jパワー、発電所建設のコンサル業務受注(12/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン