【CDI’s EYE】第1回・ベトナム流通業界の特徴とは?:業界構造理解が内販戦略策定の前提

■業界構造の理解を ベトナムの内需を狙った外資系企業の進出が活発になるに従って、進出外資企業が現地企業と協業する機会が増加している。例えば、食品メーカーが自社の製品をベトナム全土の消費者へ届けるには、現地の代理店を活用するケースがほとんど。ベトナム全土をカバーす…

関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ベトナム航空、通年で14兆ドンの赤字計上へ(11:50)

11月の輸出、8.8%増の248億ドル(11/30)

【加速するスマートシティー(1)】外資系大手が積極投資 ベトナム、複数省・市で開発進む(11/30)

11月のCPI上昇率は1.48%、減速続く(11/30)

鴻海、来年iPadなどをベトナムでも生産か(11/30)

11月の鉱工業生産、製造業好調で9.2%上昇(11/30)

1~11月のFDI、16.9%減の264億米ドル(11/30)

トヨタ、レクサス「ES」新モデルを投入(11/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン