北京のPM2.5濃度、6月も観測以来最低

北京市生態環境局はこのほど、同市における6月のPM2.5(微小粒子状物質)の平均濃度が1立方メートル当たり18マイクログラムとなり、単月としては観測開始以来、過去最低の水準に改善したと発表した。5月(20マイクログラム)に続き、2カ月連続で過去最低を更新した。 上半期…

関連国・地域: 中国-北京
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

対中貿易が1千億ドル超えへ 医療・電子で輸入急増、赤字拡大(10/29)

追加接種はビオンテック推奨 シノバック接種者に、専門家委(10/29)

今年の国内旅行者4割弱増へ コロナ抑制で、正常化には時間(10/29)

高リスク者への検査頻度増、中央が要求か(10/29)

知財保護の5年計画、経済の活力に(10/29)

【ラオス経済通信】ナムウー連続水力発電所が完成 第166回(10/29)

中小の製造業、法人税など減免へ=常務会議(10/29)

恒大会長、豪邸担保に3億HKドル借り入れか(10/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン