中国・タイ製などの溶接材、AD調査を延長

ベトナム商工省貿易保護局はこのほど、中国、タイ、マレーシアから輸入された溶接材に対する反ダンピング(不当廉売、AD)調査で、質問票の回答期限を8月4日まで延ばすと通達した。5日付トイバオキンテー電子版が報じた。 同省は3月18日にAD調査の開始を決定。これに基づ…

関連国・地域: 中国タイベトナムマレーシア
関連業種: 鉄鋼・金属マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

EV年内発売もインフラ遅れ ビンG、優遇策求め「孤軍奮闘」(09/21)

市中感染8668人増、4波累計69.1万人(09/21)

ワクチン証明、1回でも付与提案=HCM(09/21)

ニプロ、透析用血液回路セットを日本に供給(09/21)

経済再開遅れで投資戻らぬ恐れ、米欧韓4団体(09/21)

売電価格の引き下げ検討を指示、副首相(09/21)

SCGパッケージとレンゴー、越に新工場(09/21)

次期電力計画最終案、資金面から実現性に疑問(09/21)

1.6億kWの洋上風力開発の可能性、国家報告(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン