39歳以下外国人にワクチン接種 来月2日から、目標は前倒し

シンガポール保健省は24日、新型コロナウイルスワクチンの接種対象を、12~39歳の永住権(PR)保持者と外国人居住者にも拡大すると発表した。7月2日から接種予約を受け付ける。就労ビザなどを保有する日本人も対象となる。これによりシンガポールに居住する12歳以上の全員が、…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

電子コミックの新興INKR、3億円調達(07/30)

警備サーティス、東部モールにロボット(07/30)

仏トタル、EV充電事業者を買収へ(07/30)

金融庁、銀行の配当規制を予定通り解除(07/30)

法務省、日本政府と商事紛争解決で協力(07/30)

ジョ州、「経済の最前線」向け接種を開始(07/30)

感染弱者多い場所で清掃強化、コロナ対策で(07/30)

新規感染133人、国内は129人(29日)(07/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン