• 印刷する

サンウエー、ヘルスケア事業の一部株式売却

マレーシアの不動産開発大手サンウエー・グループは23日、ヘルスケア事業を管理する投資持ち株会社サンウエー・ヘルスケアの株式16%をシンガポールの政府系投資会社GIC傘下のグリーンウッド・キャピタルに売却すると発表した。譲渡額は7億5,000万リンギ(約200億円)。

サンウエー・ヘルスケアはサンウエー・メディカル・センター(シンガポール)に全額出資するほか、サンウエー・メディカルセンター・サンウエー・シティー(スランゴール州、病床数616床)やサンウエー・メディカルセンター・ベロシティー(クアラルンプール、同118床)などの病院を運営するサンウエー・シティーを傘下に置く。

サンウエー・グループは今後数年間で国内6カ所に病院を新設するほか、既存病院の病床を拡充する。また、グリーンウッドがヘルスケア事業に参画することで「長期的な投資とさらなる付加価値の創出」を期待できるとし、在宅医療や高齢者向け住宅、遠隔医療センター、伝統医療・補完医療センターといった新規の医療関連事業にも進出する予定。

サンウエーは昨年9月、ヘルスケア事業に関する選択肢を検討するため、商銀最大手マラヤン・バンキング(メイバンク)の投資銀行部門メイバンク・インベストメント・バンク(メイバンクIB)をアドバイザーに指名していた。


関連国・地域: マレーシアシンガポール
関連業種: 医療・医薬品

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:マレーシア人の42%が…(07/27)

10月以降に社会・経済正常化へ 国家回復計画の移行基準を改定(07/27)

【日本の税務】赴任国の社会保障制度(07/27)

新規感染1万4516人、死者最多(07/27)

コロナ拡大直撃、トヨタ・ホンダが工場停止(07/27)

RM1=26.1円、$1=RM4.23(26日)(07/27)

緊急事態宣言は延長せず=首相府相(07/27)

来月には入院患者減少へ、ワクチン普及で(07/27)

製造業2.8万人が接種完了、産業向けの計画で(07/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン