• 印刷する

テイクオフ:かれこれ9カ月ぶりか。…

かれこれ9カ月ぶりか。前任地の南の島から広州の自宅へやっと引っ越しの荷物が届いた。荷物を業者に預けたのは、昨年の国慶節前だ。それからいったん日本へ帰国し、中国渡航までに半年ほどの時間を費やした。渡航後も荷物を受け取るまでの道のりは長かった。医学観察解除証明書、健康診断書、居留証など税関検査に必要な書類がそろったのは5月半ばだ。

不運にもそのころから当地では新型コロナウイルスのまん延が止まらず、荷物の税関検査が通常より長引くのではと懸念していたが、2週間程度で通過した。防疫強化中のマンション入り口で荷物を止められたらどうしようかと気をもんだが、なんとか部屋まで運んでもらった。

コロナ下の引っ越しは何かと大変だ。やっと手にする自分の荷物に感慨もひとしお。ただ、寝かせすぎてカビていないか。衣類の箱を開けるのが少しおそろしい。(優)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:傘を差していても、横殴…(07/27)

大統領「投資法改正を」 最後の施政方針、中国に弱気発言(07/27)

【日本の税務】赴任国の社会保障制度(07/27)

日系企業の業績、顕著に改善 4~6月期、国安法へは懸念拡大(07/27)

長時間通勤が減少傾向 インフラなど改善で、北京は悪化(07/27)

下期の電力使用量、6%増へ=業界予測(07/27)

太陽光発電の増設規模、今年65GWに(07/27)

ネット企業集中取り締まり、半年で「秩序整備」(07/27)

メドコ傘下の銅製錬所、中国企業連合が受注(07/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン