関西企業、米中対立激化でジレンマ

【共同】りそな総合研究所は、関西企業の中国への依存度が全国の他地域よりも高いとの試算をまとめた。売上高に占める中国関連取引の割合は15.5%に達し、全国平均の9.6%を大きく上回った。米中対立の激化で取引継続が困難になる「チャイナリスク」が高まる一方、足元の事業は中国…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ネット企業を集中取り締まり、データ安全強化(16:34)

テイクオフ:細々した仕事を片付けて…(07/26)

中国がワクチン提供加速、200万回分が到着(07/26)

南京からコロナが急拡大 空港から各地に拡散、移動制限も(07/26)

中部の発展促進へ、先進製造業の誘致加速(07/26)

鴻海、中国豪雨の業績影響は軽微(07/26)

不動産の市場秩序「3年で好転へ」、住建省(07/26)

新型エネルギー貯蔵、25年に30GW(07/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン