• 印刷する

アスコット、福岡でシェア型ホテル開業

シンガポールの政府系不動産開発会社キャピタランド傘下のサービスアパート運営大手アスコットは16日、福岡市でシェアハウス型ホテル「ライフ天神福岡」を開業した。ライフブランドのホテルを日本で展開するのは初となる。

ライフ天神福岡は、NTT都市開発が開発した複合施設の一部にある。同社は2019年にホテルの運営をアスコットに委託すると発表していた。

客室数は131室。主に若者の利用を想定している。宿泊者同士の交流を促すなど新たな過ごし方を提供する。

アスコットは今年、福岡のほか、シンガポール、中国の杭州、上海、西安で計5軒のライフブランドのホテルを開業する予定だ。

シンガポールのサービスアパート運営大手アスコットは16日、福岡市でシェアハウス型ホテル「ライフ天神福岡」を開業した(同社提供)

シンガポールのサービスアパート運営大手アスコットは16日、福岡市でシェアハウス型ホテル「ライフ天神福岡」を開業した(同社提供)


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 観光

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本で暮らしていたころ…(07/27)

6月製造業生産高28%上昇 バイオ医療が好調、反動増で(07/27)

【日本の税務】赴任国の社会保障制度(07/27)

ヤマト、地場EC物流企業に出資(07/27)

東南アジアのIPO活況、下期も継続(07/27)

医療大手ラッフルズ、中間決算は2.3倍増益(07/27)

9月に入国制限緩和も、ワクチン接種完了者(07/27)

ワクチン接種率は人口の54%、保健相(07/27)

エムテック、グラブに約410億円出資(07/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン