重要産業向けの集団接種開始 順調に進むかには不透明さも

マレーシア政府は16日、製造業など重要産業向けに官民連携(PPP)方式の新型コロナウイルスワクチン接種プログラム(PIKAS)を開始した。主な感染源となっている職場でのクラスター(感染者集団)を抑制するのが狙い。ただ、ワクチン供給量の問題で、接種が順調に進むかに…

関連国・地域: マレーシア日本
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:マレーシア人の42%が…(07/27)

10月以降に社会・経済正常化へ 国家回復計画の移行基準を改定(07/27)

【日本の税務】赴任国の社会保障制度(07/27)

新規感染1万4516人、死者最多(07/27)

コロナ拡大直撃、トヨタ・ホンダが工場停止(07/27)

RM1=26.1円、$1=RM4.23(26日)(07/27)

緊急事態宣言は延長せず=首相府相(07/27)

来月には入院患者減少へ、ワクチン普及で(07/27)

製造業2.8万人が接種完了、産業向けの計画で(07/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン