成長の道筋示し、実務で成果 プラユット政権7年の評価(上)

タイのプラユット首相がクーデターで実権を掌握してから、今年5月で7年がたった。新型コロナウイルス感染症の影響もあり2020年前後から経済運営でつまずいている一方、産業の高度化政策「タイランド4.0」や経済特区(SEZ)「東部経済回廊(EEC)」など中長期的な成長の道筋…

関連国・地域: タイ
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染者の帰省支援、東北部から開始(07/27)

感染者1.4万人、11日連続で1万人超(27日)(07/27)

2~4月の輸出3割減 主要国が軒並み停滞、輸入4割減(07/28)

【グラフでみるASEAN】輸出額(5月)5カ国で2桁のプラス成長(07/28)

テイクオフ:新型コロナウイルスの1…(07/27)

日本企業、問われる人権方針 政府と市民の間で板挟みの事態も(07/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン