• 印刷する

展示会への費用補助、来年6月末まで延長

香港政府は14日、新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けた展示会業界への支援金制度を2022年6月末まで延長すると発表した。今年末に期限を迎える予定だった。

政府は昨年7月、総額10億2,000万HKドル(約144億2,500万円)の支援スキームを創設。香港の2大展示会場である香港会議展覧中心(ホンコン・コンベンション・アンド・エキシビションセンター、HKCEC)と亜洲国際博覧館(アジアワールド・エキスポ、AWE)で展示会や国際会議を開く主催者に対して会場使用料を全額補助する支援を同年10月3日から、香港貿易発展局(HKTDC)が主催する展示会の出展者に費用の半分を補助する支援を11月末からそれぞれ実施している。

政府によると、これまでに支援スキームを利用した展示会は31件で、支援総額は約6,100万HKドル。業界からは支援の継続を望む声が上がっており、香港の国際展示会を再び活性化させるために期限の延長が必要と判断した。


関連国・地域: 香港
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:東京五輪が始まった。東…(07/26)

「逃亡犯条例」の正当性主張 行政長官、報道規制にも言及(07/26)

週末3日で7人感染、域内ゼロ=計1万1978人(07/26)

急反落、教育銘柄が急落=香港株式(07/26)

当局が公平性求める、恒大の住宅ローン問題(07/26)

官民共同の新界土地開発、南豊が初申請(07/26)

古洞の住宅用地入札第2弾、応札は12件(07/26)

将軍澳の土地を政府が収用、公営住宅開発へ(07/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン