• 印刷する

テイクオフ:たばこの箱に表示される…

たばこの箱に表示される「喫煙は肺がんを引き起こす危険があります」という警告文と、真っ黒な肺の写真。喫煙の危険性を周知するこの警告は、現在箱の40%の面積に表示されているが、今後90%に拡大することが検討されている。

箱のほとんどが黒い肺の写真で覆われるとなると、さすがに買う気も無くなる。不気味な絵柄の箱を手にするたび、何のためにお金を払っているのか考えざるを得ない。環境や健康への意識の高まりで、木陰に座り、使い捨てプラスチックコップでコーヒーを飲みながら、たばこを一服するというインドネシアで慣れ親しんだこの光景もなくなってくるかもしれない。

一緒にたばこを吸うことは、異国で言葉の通じない人とコミュニケーションを取る一つの方法だったが、すでに時代遅れ。新たな「環境配慮型コミュニケーション」の確立が急務だ。(高)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

デルタ株対策の入国禁止、15日まで延長(07/30)

エネ鉱省、不正横行で石炭採掘地の検査強化(07/30)

自動運転車、高速道で5年以内に試験実施(07/30)

現代自がLGと合弁工場設立 インドネシアでEV電池生産へ(07/30)

上半期の再エネ投資11億ドル 25年に23%達成へ法整備(07/30)

ユニ・チャーム、シェア伸ばして首位維持(07/30)

首都、従業員の出社にワクチン接種義務付け(07/30)

アストラ上期、自動車需要回復で2桁増収(07/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン