首都圏の緊急賃上げ、生産性委が却下

フィリピンのマニラ首都圏を管轄する地域賃金生産性委員会(RTWPB)は、新型コロナウイルス感染拡大で苦境に陥っている労働者への緊急支援として、首都圏の民間企業の最低賃金を日額100ペソ(約230円)引き上げるよう求めた労働組合の請願を却下した。8日付ビジネスワールド…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:集会で人と人との距離を…(07/27)

大統領「投資法改正を」 最後の施政方針、中国に弱気発言(07/27)

【日本の税務】赴任国の社会保障制度(07/27)

「大統領は即時退陣を」、反対派集会(07/27)

新型コロナ、新たに6664人感染(07/27)

三菱造船、比向け多目的船の進水式実施(07/27)

大雨で洪水被害拡大、20万人避難(07/27)

貿産省、車輸入制限の適用却下を支持(07/27)

電力メラルコ、1~6月は純利益45%増(07/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン