上場企業、1Qは3.3倍の増益 原油価格上昇がエネ・公益に追風

タイ証券取引所(SET)のメインボードに上場している企業の2021年第1四半期(1~3月)決算は、合算で売上高が前年同期比3.0%増、純利益は3.3倍となった。世界的な原油価格の上昇を追い風に大幅な黒字に転換した「エネルギー・公益」などがけん引した。3分の2の企業が最終…

関連国・地域: タイ
関連業種: 化学運輸観光マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナウイルスの1…(07/27)

日本企業、問われる人権方針 政府と市民の間で板挟みの事態も(07/27)

【日本の税務】赴任国の社会保障制度(07/27)

感染者1.5万人超、累計50万人突破(26日)(07/27)

コロナ拡大直撃、トヨタ・ホンダが工場停止(07/27)

スズキ、自動車の通年販売目標を据え置き(07/27)

東南アジアのIPO活況、下期も継続(07/27)

高架鉄道、乗客8割減も業績への影響軽微(07/27)

物流JWD、投資持ち株会社に36%出資(07/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン