• 印刷する

テイクオフ:先週末、いつものように…

先週末、いつものように食料品の買い出しに出掛けると、スーパーには長蛇の列ができていた。ロックダウン(都市封鎖)を前にしたパニック買いだ。帰宅しようか迷ったが、空っぽの冷蔵庫を思い出して渋々並ぶこと30分。在庫切れにおびえながらも中に入ると、予想に反して棚にはいつも通り商品が陳列されていた。

国内取引・消費省によると、ロックダウンが発表された5月28日から3日間は、多くのスーパーで買い物客の増加が見られた。ただ、コメや卵といった生活必需品の供給は依然として安定しており、買いだめをする必要はないという。

品不足は起きていないと聞いて一安心したものの、貴重な週末を食料品の買い出しで行列に並んだりするのに費やすことは避けたい。しばらく時間をずらしたり、オンラインを活用したりするなど工夫を凝らす必要がありそうだ。(望)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 医療・医薬品小売り・卸売り社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ICU病床使用率100%超え 首都圏などで医療体制逼迫(07/30)

新規感染1.7万人、累計107.9万人(07/30)

緊急事態勅令の撤回、国王は同意せず=王室(07/30)

RM1=26.0円、$1=RM4.23(29日)(07/30)

ジョ州、「経済の最前線」向け接種を開始(07/30)

小売業の全従業員にワクチン接種義務付けへ(07/30)

デルタ株の感染者、新たに10人確認(07/30)

混合・追加接種の方向性、来週にも明らかに(07/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン