【為替・金利】マレーシアの為替・金利動向と展望・6月

◆2021年5月の動向 5月の対米ドル・リンギは4.09台での寄り付き。マレーシア国内での新型コロナウイルス感染者数の増加に伴い、月初からさみだれ式に経済活動への各種制限が追加される不透明な状況となり、対米ドルでリンギが軟化する展開となった。 6日の中銀金融政策会合…

関連国・地域: マレーシア日本
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

東南ア車販売、8月は17万台 前月比2%増、5カ月ぶりプラス(11:21)

テイクオフ:マレーシアのクランタン…(10/18)

高齢化社会の到来、早まるか 20年の出生数4%減、少子化進行(10/18)

新規感染6145人、累計239.1万人(10/18)

ECショッピー、1600人超を新規採用へ(10/18)

首都圏が18日に第4期入り、国家回復計画で(10/18)

RM1=27.5円、$1=RM4.16(15日)(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン