• 印刷する

テイクオフ:きょうから6月。今年前…

きょうから6月。今年前半の新型コロナの抑制は結果的にうまくいかず、反政府デモは沈静化しているように見える。リーダーたちは今も収監されたままだが、デモ自体がなくなったわけではない。

国民は感染予防に全力を尽くしているが、政府はどうか。能力のなさを露呈しているように感じている国民は多い。国は新型コロナのワクチンを国民の70%に接種する計画を発表し、6月7日から本格的に展開する。反政府運動の争点の一つに、政府の非効率性や官僚主義の改善がある。ワクチンの接種は、この点で大きな試金石になるだろう。

ワクチン接種計画が完了したら、何が起こるだろうか。反政府運動が、再び活性化するのは目に見えている。政府のコロナ対策に不満を持った人も、運動に加わることだろう。場合によっては、過去最大の規模になることもあり得る。(阿)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染者の帰省支援、東北部から開始(07/27)

感染者1.4万人、11日連続で1万人超(27日)(07/27)

2~4月の輸出3割減 主要国が軒並み停滞、輸入4割減(07/28)

【グラフでみるASEAN】輸出額(5月)5カ国で2桁のプラス成長(07/28)

テイクオフ:新型コロナウイルスの1…(07/27)

日本企業、問われる人権方針 政府と市民の間で板挟みの事態も(07/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン