新たな景気刺激策の可能性は 最大200億リンギ規模の余地も

マレーシア政府が新型コロナウイルス対策の厳格な活動制限令の対象を今月12日から全土に拡大したことで、景気悪化への懸念から新たな景気刺激策を求める声が上がっている。サンウエー大学経済学部のイエー・キムレン教授は、財政赤字の対国内総生産(GDP)比の水準を考慮すれば…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

ペトロナスとLNG供給で協力 経産省、需要期前に供給確保急ぐ(21:28)

インソン、電動貨物船の建造開始(16:55)

パビリオン、「客家飯店」の土地取得か(16:38)

韓国とのFTA、関係深化に不可欠=在マ大使(16:33)

電動乗用車投入の動き広がる サイム、中国BYDのEV販売へ(09/30)

新規感染2445人、5日ぶり2千人超え(09/30)

再生エネEA、マレーシアに電動バス200台(09/30)

ニッパツ、自動車電動化製品の生産能力増強(09/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン