• 印刷する

テイクオフ:バルコニーにしょっちゅ…

バルコニーにしょっちゅう鳥の巣ができる。スズメは顔見知りといえるほど頻繁に姿を見るが、今月に入ってからはインテリアとして置いてある観葉植物に甲高い鳴き声の野鳥が巣作りを始めるなど、鳥たちがどこか大胆になってきている。

新型コロナウイルスの影響で、在宅勤務の期間はすでに1年を超えた。コロナ前の1年に比べると、制限の多い生活に消化不良の感が否めないが、自然界に生きる鳥たちはどこ吹く風だ。

20年ほど前、インターネットの普及で情報の処理速度が格段に上がり、犬にとっての1年が人間の7年に相当することから「ドッグイヤー(7倍速)」の時代と称された。今ではさらに加速し、「マウスイヤー」ともいわれる。コロナ下での時の流れの速さに焦燥感を感じる中、かつてと変わらず巣作りに精を出し、1年を過ごす鳥たちは暮らしに大きな励みを与えてくれる。(丑)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ドバイ主導の貿易振興制度 東南アジア4カ国も加盟(06/18)

給与や経営状況重視が増加 就労者など、コロナ禍で安定求め(06/18)

「早急に議会再開を」、国王が声明(06/18)

車部品FPI、マレーシア封鎖で受注拡大(06/18)

新規感染5738人、3日連続5千人台(06/18)

RM1=26.7円、$1=RM4.14(17日)(06/18)

国内5地域、8月までに8割接種完了へ(06/18)

建設業界向けの集団接種、首都圏で開始へ(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン