• 印刷する

テイクオフ:新型コロナウイルスの2…

新型コロナウイルスの2回目のワクチン接種を受けてきた。1回目と同様、近所の公民館に出向いたが、2回目ということもあってか、接種前の問診はほぼなく、順番が来て椅子に座ったら1分以内に注射針を刺された。30分の経過観察後は、速やかに家路についた。

数時間後に注射部位を中心に少し腕が重くなったほか、全身に軽いかゆみを生じただけで、翌日以降は体に異常を感じることはなかった。2回目の方が副反応が重いと聞いていたが、自身はそうではなかった。

足元では経路不明の市中感染が出ており、ワクチン接種者や既感染者の陽性も判明している。ワクチン接種済みとはいえ、油断は大敵だ。集団免疫を得るには、接種率が7割以上に達する必要があるといわれている。4月半ばの発表では、当地で2回目の接種を終えたのは約15%。まだまだ低い水準といわざるを得ない。(樹)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

店内飲食、21日に解禁 最大2人、関係者から安堵の声(06/18)

新規感染16人、市中は14人(18日)(06/18)

店内飲食21日に解禁、2人組まで可(06/18)

国際競争力ランク、世界首位から5位に後退(06/18)

ドバイ主導の貿易振興制度 東南アジア4カ国も加盟(06/18)

シンガポール航空、業績が回復基調に(06/18)

5月輸出額は9%増、6カ月連続プラス成長(06/18)

3月求人数、過去最高の6万8400件(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン