• 印刷する

ハノイ環状4号線、5省市が建設案に合意

ベトナム・ハノイの郊外を周回する環状4号線の建設投資案について、ハノイを含む周辺5省市の共産党委員会と運輸省の党幹事委員会が6日、合意した。7日付VNエクスプレスが報じた。

ハノイ市人民委員会によると、2011年に首相に承認された詳細計画では、環状4号線は全長98キロメートルで、ハノイ(56.5キロ)とフンイエン省(20.3キロ)、バクニン省(21.2キロ)の3省市を通過する。幅は120メートルで、うち30メートルは鉄道に充てる。

総事業費は、地上に建設した場合は105兆ドン(45億8,000万米ドル、約4,980億円)、高架の場合は135兆ドンを見込む。グエン・バン・テー運輸相は、長期的に投資効果が高いとして高架案を支持した。財源は、官民連携(PPP)とBOT(建設、運営、譲渡)を組み合わせる方式を首相に提案することで一致した。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 建設・不動産運輸

その他記事

すべての文頭を開く

三菱商事、ラオスの風力発電開発企業に出資(06/18)

ドバイ主導の貿易振興制度 東南アジア4カ国も加盟(06/18)

上期GDPは5.8%増見通し 目標下回る、第4波の影響懸念(06/18)

市中感染503人増、1日当たりで過去最多に(06/18)

縫製工場2カ所の生産停止、バクニン省(06/18)

日本からのワクチン、100万回分が到着(06/18)

金融支援の継続、中銀ホーチミン支店が要請(06/18)

ビンズオン省党書記らが不正、中央検査委(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン