• 印刷する

中小企業の業績、回復傾向に=OCBC銀

シンガポールの中小企業の業績が回復傾向にある。OCBC銀行が発表した2021年1~3月期の中小企業業況指数「SMEI」は51.2となり、改善と悪化の分かれ目となる50をコロナ禍に直面してから初めて超えた。

SMEIは、OCBC銀と取引がある10万社以上の中小企業(年間売上高が3,000万Sドル=約24億5,000万円=以下)の売り上げ、キャッシュフロー、取引などのデータに基づき、13年までさかのぼって算出した。指数が50を超えると「景況改善」、50を下回ると「景況悪化」となる。

21年1~3月期の指数は、20年7~9月期から3四半期連続で上昇した。業種別では、ヘルスケア、物流、倉庫、飲食、建設で50を超えた。

OCBC銀は、21年4~6月期の指数が急上昇すると見込んでいる。前年同期に重要産業以外の事業所を閉鎖する「サーキットブレーカー」措置が導入され、業績が大きく落ち込んでいた反動という側面が大きいと指摘している。

足元では、新型コロナウイルスの流行による入国制限で外国人労働者の不足といった問題を抱えており、中小企業の業績が持続的に改善するは不透明と説明している。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

店内飲食21日に解禁、2人組まで可(16:33)

国際競争力ランク、世界首位から5位に後退(14:43)

ドバイ主導の貿易振興制度 東南アジア4カ国も加盟(06/18)

シンガポール航空、業績が回復基調に(06/18)

5月輸出額は9%増、6カ月連続プラス成長(06/18)

3月求人数、過去最高の6万8400件(06/18)

飲食業界の労災事故、年率9%増加(06/18)

JCB、ASEAN事業創造部を新設(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン