• 印刷する

ビングループ、1Qは7割の増益

ベトナムのコングロマリット(複合企業)、ベトナム投資グループ(ビングループ)の2021年第1四半期(1~3月)連結決算は、売上高が前年同期比52%増の23兆2,944億ドン(約1,118億円)、税引き後利益(純利益)が71.7%増の8,676億ドンだった。

売上高の部門別の内訳は、不動産販売が10兆6,563億ドンで全体の約半分を占めた。首都ハノイとホーチミン市で手掛ける「ビンホームズ・オーシャンパーク」「ビンホームズ・グランドパーク」などの複合開発物件の販売好調が寄与した。

自動車・バイク製造のビンファストと、携帯端末製造のビンスマートなどを含む製造部門の売上高は、前年同期比47.6%増の4兆8,137億ドンだった。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の影響を受けた観光・娯楽事業は9,330億ドンで約半減となった。不動産賃貸は1兆8,800億ドン、医療は6,400億ドン、教育は8,500億ドン、その他は3兆5,000億ドンだった。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 自動車・二輪車建設・不動産IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

三菱商事、ラオスの風力発電開発企業に出資(06/18)

ドバイ主導の貿易振興制度 東南アジア4カ国も加盟(06/18)

上期GDPは5.8%増見通し 目標下回る、第4波の影響懸念(06/18)

市中感染503人増、1日当たりで過去最多に(06/18)

縫製工場2カ所の生産停止、バクニン省(06/18)

日本からのワクチン、100万回分が到着(06/18)

金融支援の継続、中銀ホーチミン支店が要請(06/18)

ビンズオン省党書記らが不正、中央検査委(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン