• 印刷する

テイクオフ:家賃を優先し家具なしの…

家賃を優先し家具なしの物件に入居したため、長期化する在宅勤務にコツコツと家具を買い足す羽目になっている。さらに素材は東南アジアの銘木にこだわろうと、不相応な欲まで出てきた。お目当てはチークだ。

ただ、チーク材の家具は目が飛び出そうなほど高い。クイーンサイズのベッド枠だけで3,000リンギ(約8万円)は下らない。店員によると、ミャンマー産の天然モノが有名だが手に入りづらく、大半はインドネシア産の植林モノになるという。

ミャンマー産は英国統治下で家具に重用され、今でも欧州でアンティークとして根強い人気がある。その後に普及したインドネシア産は森林伐採が進んだことで、現在は「植林による環境配慮型」が売りにもなっている――。矢継ぎ早に繰り出される店員のセールストークに、「無駄遣い!」という天使の忠告もかき消されてしまう。(丑)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

非必需品の積み下ろし、日時限定で容認(14:52)

ドバイ主導の貿易振興制度 東南アジア4カ国も加盟(06/18)

給与や経営状況重視が増加 就労者など、コロナ禍で安定求め(06/18)

「早急に議会再開を」、国王が声明(06/18)

車部品FPI、マレーシア封鎖で受注拡大(06/18)

新規感染5738人、3日連続5千人台(06/18)

RM1=26.7円、$1=RM4.14(17日)(06/18)

国内5地域、8月までに8割接種完了へ(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン