• 印刷する

テイクオフ:台湾で滅多にお目にかか…

台湾で滅多にお目にかかれない、200台湾元札がたまたま手に入った。200元札は、日本で言うところの2,000円札だろうか。薄い緑色で、蒋介石があしらわれている。

スーパーで買い物をして現金で支払った際、お釣りとして渡された。店員は自身が外国人なので珍しがるだろうと思って親切心で渡してくれたのか、それとも文句を言わないと思われたのかと勘ぐってしまう。現地紙によると一部の事業者や客は、200元札の受け取りを拒否するというからだ。友人いわく、偽札と疑う人もいるらしい。念のため、後日スーパーの他のスタッフに200元札が使えるか聞くと「使える」と言われた。

だがよくよく考えて、キャッシュレス化が進む中、200元札がさらに希少になるかもと思うと、使う気になれなくなった。この際、200元と同じく珍しい20元硬貨と2,000元札も入手して一緒に保管しようか。(晶)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 金融社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

UBS、台湾の21年成長率予測5.9%を維持(14:13)

モデルナ製ワクチン第2弾到着へ、24万回分(14:23)

コロナ警戒引き下げに慎重 衛生当局、感染者減も再拡大警戒(06/18)

新型コロナの域内感染、17日は175人(06/18)

陳時中指揮官、ワクチン調達の遅れで謝罪(06/18)

タイヤのマキシス、本年度に販売網5%拡大(06/18)

高齢者21人が死亡、コロナワクチン接種後(06/18)

経済部、工業区のワクチン大規模接種へ準備(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン