• 印刷する

3月小売売上高20.1%増、2カ月連続プラス

香港政府は4日、3月の小売売上高(速報値)が前年同月比20.1%増の275億9,700万HKドル(約3,886億6,500万円)だったと発表した。プラス成長は2カ月連続。価格が高い宝飾品・時計・高額贈答品、また衣類・靴類・関連製品などの伸びが目立った。

3月の小売売上高を分類別に見ると、宝飾品・時計・高額贈答品は81.0%増、衣類・靴類・関連製品は75.5%増だった。耐久消費財も33.5%増と大きく伸びた。

主要分類はほとんどがプラス成長。マイナス成長だったのは16.1%減のスーパーマーケットと、1.8%減の食品・酒類・たばこ(スーパーマーケットを除く)だけだった。

1~3月の小売売上高は前年同期比7.5%増の896億7,600万HKドルだった。

3月の小売売上高のうちオンライン販売分は前年同月比43.3%増の21億2,000万HKドルと、全体の7.7%を占めた。1~3月の累計では前年同期比62.6%増えた。

政府報道官は3月の小売売上高が大きく伸びたことについて、比較対象となる2020年3月の数字が新型コロナウイルス禍の影響で低かったためと説明。今後については、2月のコロナ感染防止策緩和で市民の消費マインドは一部改善しているものの、インバウンド観光が依然として再開されないため、小売業の先行きは短期的には厳しいとの見方を示した。その上で、小売業さらに経済の全面的な回復のためには、社会全体が力を合わせてコロナ感染を抑え込むとともに、コロナワクチン接種計画に積極的に参画することが重要だと強調した。


関連国・地域: 香港
関連業種: 小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

海外展示会を香港で自主再現 島精機、渡航制限の顧客に配慮(06/23)

人数制限を一部緩和、ワクチン接種前提で(06/23)

マカオ、28日連続香港域内ゼロで検疫緩和へ(06/23)

新たに7人感染、域内ゼロ=累計1万1896人(06/23)

CPIが5カ月連続上昇、5月は1.0%(06/23)

続落、IT株とカジノ株に売り=香港株式(06/23)

物価連動債の第8弾、応募額過去最高を更新(06/23)

ビットメックスがオフィス拡大か、増員も(06/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン