通信インフラの保守順調、活動制限下でも

インドの通信設備業界団体、通信塔・インフラ事業者協会(TAIPA)のドゥア事務局長は、新型コロナウイルス対策で活動制限が敷かれる中でも、必須の通信インフラの運営・保守作業は順調だと明らかにした。エコノミック・タイムズ(電子版)が2日伝えた。 ドゥア氏によると、…

関連国・地域: フィリピンインド
関連業種: 建設・不動産IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

エタノール貯蔵能力増強へ 国営石油3社、バイオ燃料政策で(06/24)

ミャンマー危機、「域内貿易協議の妨げ」(06/24)

タタ自、EV「ネクソン」発火で調査開始(06/24)

豪印、中国にらみ協力強化 両国の国防相が会談(06/24)

自部品の独ベーアへラ、西部プネで工場稼働(06/24)

ガス公社、LNG供給に小型液化装置を導入(06/24)

印ドローン新興ガルーダ、マレーシアに工場(06/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン