• 印刷する

小規模行動規制17日まで延長、計30州に拡大

インドネシア政府は3日、新型コロナウイルス対策として実施している小規模行政単位の行動制限(PPKM)を17日まで延長すると発表した。対象地域はさらに5州を加えて計30州に広げる。特に感染者や新規感染者が増えている10州の感染抑制に集中する。

小規模地域の行動規制の延長は今回で6度目。リアウ諸島州、ブンクル州、中スラウェシ州、東南スラウェシ州、西パプア州が追加された。制限内容はこれまでと変わらないとしている。制限対象外の地域は全34州中、西スラウェシ、ゴロンタロ、北マルク、マルクの国内東部4州のみとなった。

アイルランガ調整相(経済担当)は、リアウ諸島、リアウ、ブンクル、ランプン、バンカブリトゥン、西カリマンタン、西スマトラ、ジャンビ、西ジャワ、西ヌサトゥンガラの10州内のうち、特に感染が拡大している34県・市の感染抑制に集中すると説明した。このうちジャワ・バリ地域は西ジャワ州のみで、バンドン県やボゴール県など12地域を指定した。ただし、具体的に規制を強化するかどうかなどは言及していない。

1日時点の隔離施設の病床利用率は平均35%。全ての州が70%未満にとどまっているという。2週間前の時点では全州が60%未満だった。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

日本旅行、オンライン買い物ツアー初開催(19:07)

ディーゼル発電358カ所、太陽光に転換へ(16:50)

テイクオフ:コロナ下での2度目のレ…(05/17)

イオン、コロナで客単価倍増 購買行動変化、食品や自転車拡大(05/17)

民間ワクチン1回32万ルピア=保健相通達(05/17)

アストラ製ワクチン、一部バッチの使用停止(05/17)

スマトラ石炭ガス化事業、米ガス大手が合意(05/17)

22年のVAT引き上げ、税務局が2案を検討(05/17)

2QのGDP成長率、7%の見通し=調整相(05/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン