9割が日本に経済制裁要望、日系企業の現地人

【ヤンゴン共同】軍事クーデターが起きたミャンマーで、日系企業に勤務するミャンマー人従業員を対象にした意識調査の結果が2日までにまとまった。日本が何らかの形で経済制裁を科すよう求める声が95.2%に上り、継続中の政府開発援助(ODA)の停止に89.7%が賛成した。 ミャ…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

「爆破犯は民主派」軍が主張 弾圧最小限と国連の非難否定(06/15)

国連、ASEANに外交努力強化を要請(06/15)

新規感染が政変後最多373人、陽性率12.9%(06/15)

ワクチン当局者ら27人に逮捕状、民主派支援で(06/15)

通貨チャット、介入効果で対米ドル安が一服(06/15)

縫製品の輸出、20年度5月まで2割減(06/15)

トマトが高騰、物流問題が原因か(06/15)

ポーランド支援エネルギー事業、着工の意向(06/15)

13日までの弾圧犠牲者、1人増の863人(06/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン