開発金、45年に全事業で炭素排出量ゼロ目標

台湾中堅金融持ち株会社の中華開発金融控股(開発金)はこのほど、グループ企業の全ての事業で2045年に二酸化炭素(CO2)排出量をゼロにする目標を示した。5つの戦略を通じて実現する方針。経済日報が伝えた。 5つの戦略は◇国際的な規定に従い、45年に二酸化炭素排出量をゼ…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:車はないが、家なら持っ…(10/20)

新興企業の国際知名度向上へ 9社を選定、蔡総統が表彰(10/20)

新型コロナの域内感染、19日は1人(10/20)

台北市長、政府のワクチン采配を批判(10/20)

TSMCの米工場、「台湾を複製」(10/20)

21年のウエハー世界出荷、過去最高予測(10/20)

NAND、4Q以降に値下がり=調査会社(10/20)

中華電信、5GとAIoTを介護分野に導入(10/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン