サムスン1Q営業益45.5%増 スマホと家電伸び、半導体は低迷

韓国のサムスン電子が29日発表した2021年1~3月期の連結営業利益(確定値)は、前年同期比45.5%増の9兆3,800億ウォン(約9,200億円)だった。記録的な寒波による米国工場の休止で半導体はマイナスだったが、スマートフォンと家電は新型コロナウイルスの影響を受けた前年同期の…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 電機IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:むいてもむいても疑惑が…(06/23)

グラブ、現代自と連携強化 東南アジアでのEV普及促進へ(06/23)

新たな差別禁止法案、企業活動への影響注視(06/23)

コロナ新規感染者、2日連続の300人台(06/23)

5月の生産者物価、9年9カ月ぶり高水準(06/23)

フォーテスキュー、水素プラント建設用地確保(06/23)

文政権で1万社が海外へ、国内回帰は52社(06/23)

現代自がモビリティー強化、研究組織を拡充(06/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン