【タイ政治社会の潮流】「立つ・ストップ・勾留・112分」 第349回

「三権分立」は民主主義の普遍原理とされているが、近年タイにおいては司法の在り方が大きく変容し、今や「司法独裁」とまでも言われる事態が生じている。従来、タイでは現実政治を左右する有力な政治勢力(アクター)は軍、政党、王室であったが、そこに司法が一枚加わり、今日で…

関連国・地域: タイ
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:長らく軒下で雨宿りをし…(06/22)

ドローンサービス拡大の兆し 国営石油傘下、新会社を設立へ(06/22)

【日本の税務】海外赴任時の「納税管理人の届出書」(06/22)

市中感染者3130人、首都で接種再開(21日)(06/22)

長城汽車、バンコクの大型複合施設に旗艦店(06/22)

接種推進策で世界が苦心、牛・アイドルに銃も(06/22)

輸入車カバリノ、フェラーリ初のPHV発売(06/22)

航空業界、回復に3年かかる見通し=訓練所(06/22)

国内最長のトンネルが貫通、国鉄東北部線(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン