• 印刷する

インドからの入国禁止へ、29日から

カンボジア保健省は27日、インドからの入国を一時的に禁止すると発表した。同国で感染力の強い新型コロナウイルスの変異株が確認され、感染が急拡大していることを受けた措置で、29日から実施する。プノンペン・ポスト(電子版)が27日伝えた。

過去3週間以内にインドでの滞在・渡航歴があるすべての人を対象に、カンボジアへの入国を禁止する。

モム・ブンヘーン保健相は27日付の報道発表で「インドで感染が急激に拡大している現状を考慮し、インドからの入国を当面禁止すると決定した」と説明した。

インド保健・家族福祉省によると、同国では27日だけで32万人以上の新型コロナの新規感染者が確認されたという。


関連国・地域: カンボジアインド
関連業種: 医療・医薬品運輸社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

3回目のワクチン接種、10月11日に開始へ(09/24)

首都とシエムレアプ、コロナ規制を延長(09/24)

経済成長を1.9%に下方修正、アジア開銀(09/24)

タイ産砂糖、迂回輸出の疑いで商工省が調査(09/24)

電子商取引の事業許可、申請期限は11月末(09/23)

新投資法案、上院の委員会通過(09/23)

10月にも韓国とのFTA調印へ、商業省(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン