マルチスズキ通年は減収減益 供給不足で工場はフル稼働=会長

インドの乗用車最大手マルチ・スズキの2020/21年度(20年4月~21年3月)の単体決算は2期連続の減収減益だった。コロナ禍を受け国内販売も2期連続で縮小したものの、バルガバ会長は27日にオンラインで開いた記者会見で「第2波による需要の減少は感じていない。パーソナル・トラ…

関連国・地域: インド日本
関連業種: 自動車・二輪車医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

アカツキ、日本のアニメ・キャラをインドへ(18:47)

テイクオフ:当地へ移り住むと決まっ…(09/22)

国内生産の奨励策の調整を 日本企業には基準厳しく(09/22)

ダイキアクシス、北部に浄化槽工場(09/22)

日立造船、マハ州初のごみ焼却発電所を受注(09/22)

ヤマハ、スポーツバイクの新モデルを発売(09/22)

地場電動二輪、半年で15億ルピー投資へ(09/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン