ホンダがガソリン車撤廃へ、日本勢初

【共同】ホンダは23日、世界で販売する新車を2040年に全て電気自動車(EV)と燃料電池車(FCV)にする目標を発表した。ガソリンエンジン車の撤廃を掲げたのは日本の自動車メーカーでは初めてで、世界の主要メーカーでも先進的な取り組みとなる。国際的な脱炭素の流れを受け、…

関連国・地域: 中国日本
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

アカツキ、日本のアニメ・キャラをインドへ(18:47)

中国の成長率予測8.1%を堅持、ADB(16:17)

テイクオフ:広州できょう、日系大手…(09/22)

国内生産の奨励策の調整を 日本企業には基準厳しく(09/22)

当局、車各社への返金始めず 輸入制限打ち切りから1カ月(09/22)

上汽五菱、国産半導体9割に 需給逼迫受け海外依存脱却へ(09/22)

ワクチン保冷設備などを供与、日本政府(09/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン