失業や減収、1Qは910万人 コロナ3波で改善傾向止まる

ベトナム統計総局(GSO)によると、今年第1四半期(1~3月)中にコロナ禍の影響で職を失ったり、収入が減った労働者は約910万人で、国民の1割弱に上った。このうち失業した人は54万人で、1月末から始まった感染拡大「第3波」により「半失業状態」の人は再び増えた。都市部…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: サービス観光マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

市中感染65人増、移動制限実施目立つ(14:33)

日系電子部品工場で集団感染 第4波、北部中心に1100人突破(05/17)

脱炭素に向け成長戦略策定へ、計画投資省(05/17)

三菱HCキャピタル、地場風力発電社に出資(05/17)

再生可能エネの発電量、1~4月は2.6倍に(05/17)

ビングループ、今年は1%減益へ(05/17)

ベトナムからの渡航者、自宅待機不可に(05/17)

南部の環状3号線、25年までの完成を指示(05/17)

HCM市、高速道路案件などに財政支援要請(05/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン