• 印刷する

テイクオフ:タイ正月前に新型コロナ…

タイ正月前に新型コロナの感染者が急増したことで旅行計画を中止した人も多かったのではなかろうか。筆者もその1人だ。チェンマイ行きを予定していたが、同県が越境者に2週間の隔離措置を義務付けたため、やむなくあきらめた。

残念だったのは予約した航空会社の対応だ。往路便の出発3日前にキャンセルの連絡をしようとしたが、電話が殺到しているのか何度かけてもつながらず。仕方なく電子メールで連絡したところ、3日以内に連絡する旨の自動応答があったものの、その後は音沙汰なし。

航空業界がコロナ禍で大変な状況にあるのは理解できる。だが、いわば搭乗客の命を預かる産業にあって、現在のような非常時にこそしっかりした対応が求められるのではなかろうか。以前から過当競争が指摘されるタイの空だが、こんな時期にこそ航空会社の良し悪しが浮き彫りになるのかもしれない。(須)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

市中感染2040人、死者27人(7日)(05/07)

4月の外国人会社設立15件、投資額108億円(05/07)

「攻め」の姿勢で上位目指す MUFGの東南アジア戦略(2)(05/07)

市中感染1902人、死者は18人(6日)(05/07)

2Qの住宅建設市況、コロナ第3波で失速(05/07)

1~3月の燃料消費8%減、移動制限が影響(05/07)

SCGのオレフィン増産、月内に本格稼働(05/07)

ラート、越の風力発電所への出資で契約(05/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン