政策金利0.5%据え置き、景気の本格回復まだ

韓国銀行(中央銀行)は15日、定例の金融通貨委員会を開き、市場の予想通り政策金利を年0.5%で据え置いた。新型コロナウイルス感染症の影響を受けた昨年の反動で輸出額や物価指数が上昇局面に入っているものの、本格的な景気回復とみるのは時期尚早だと判断し、金利を据え置いた。…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

市中感染52人増、サムスン従業員が陽性(15:06)

4月就業者65万人増、6年8カ月ぶり高水準(15:57)

コロナ新規感染者、4日ぶりの600人台(13:32)

テイクオフ:「アシバ」を「バラシ」…(05/12)

首都圏直下で進むGTX建設 高速鉄道プロジェクト・現場ルポ(05/12)

コロナ新規感染者511人、死者4人増(05/12)

現代自の販売台数、4月は6538台(05/12)

サムスン、DRAMモジュールの限界克服(05/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン